住宅改修

住宅の改修のご相談

住みやすい家 介護しやすい家

住み慣れている家も、体の状態が変わると暮らしにくくなってしまうことがあります。
介護が必要な方にとって、健康な人にとって何ともないような少しの段差でも移動の妨げになるような場合もあります。そのようなときに、少しでも住宅を改修することで、自分でできることは広がります。

  • 転倒による怪我を防ぐため「手すりを取り付けたい」
  • 「段差を解消して転ばないようにしたい」
  • 「浴槽の底や床などですべらないようにしたい」
  • 「開け閉めが楽にできるように引き戸の扉に取り替えたい」
  • 「洋式のトイレに取り替えたい」など

バリアフリーで動きやすく、安全・快適な生活を送るための住宅改修についてご相談ください。